日本システム開発株式会社<NSK>は、旅行会社の業務改善、売上アップの提案が得意なシステム会社です。 貴社に最適で無理のないご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

JATA旅博の今と昔

(2011.10.19)

こんにちは。
日本システム開発<NSK>の山田です。

今回は9月末に弊社が出展した『JATA旅博2011』について
お送りいたします。

まずは、9月29日(木)商談会で貴重なお時間を頂きました旅行会社の皆様、
並びに9月30日(金)当社出展ブースにご来場頂きました沢山の皆様へ、
この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

JATA旅博は、時代の流れかもしれませんが、
ここ数年で一気に変わったなぁと感慨深いです。

◆旅行会社の出展が少ない?

以前はもっと沢山の旅行会社が出展していたように思います。
またもっと大規模なブースで派手だったように思います。
現在の旅行業界を取り巻く経済環境では、企業でかけられる費用には
限界があるのかな?
それに比べて、地方自治体や政府観光局のブースの大きさと豪華さは、
お金かかっているなと今回特に感じました。

◆ノベルティグッズが減った

以前は、いろんなところで競うように、配っていたと思いますが・・・
帰りには、どこの会社のバックにまとめているかで、出展者の優劣が
見えていたよう思います。
なんとなく寂しくなりますね!ひとつの楽しみでもあったと思います。
10月1日の一般日にも訪問してみましたが、ほとんどの来場者が
持っていたバックはN空港と海外レンタカーAのバックでした・・・

◆コンパニオンの姿をほとんど見かけることがなかった

毎度華やかでしたが、今回の旅博ではほとんど見かけませんでした。
その代わりと言っては何ですが、「ゆるきゃら」たちが
コンパニオンの後釜としてはばを利かせていたように思います。
一般日には、たくさんの子供たちに囲まれていました。

◆業界日の学生さんの多さ

以前は、旅行会社の営業担当の皆さんが、普段、入手困難な現地資料を
山のようにゲットしていたような覚えがあります。
現在では、インターネットで簡単に資料がゲットできてしまうのか?
旅行会社の社員ではない、明らかに学生さんと思われる来場者の多さに
びっくりしました。

◆一般日は大盛況

10月1日(土)に訪問した際には、通路を歩くこともできないほどの
大盛況でした。アンケートは何かニーズや好みを聞き出すのではなく、
メールアドレス1本に絞られシンプルになり、時間をとられず混雑に
拍車をかけるような所は少なかったです。
当日は結構な数のメールアドレスを残してきたのですが、未だ1本も
メールは送られてきません。いつ頃になるとメールが来るのでしょうか?

実は、入場直後にエスニックな匂いを混ぜ合わせたようなものが
充満していてなんだろうと感じていましたが、
両端にテイクアウト形式のファーストフードがあるのには驚きでした。
(以前は、どうだったか記憶があいまいですが)

昔を知っている方は、もしかしたら私と同じような感想を
持たれたのではないでしょうか?
業界の状況・トレンドを肌で感じることができるので、
こういうイベントに参加するのはとても有意義だと思います。
(実際に足を運んで見聞きしないとわからない事も沢山ありますし)

最後までお読みくださりありがとうございました。

この記事は私が書いています

日本システム開発株式会社
ソリューション本部 サポート・サービス部
山田(やまだ)
[担当] 営業


 次回(【お客様の考え方】→営業・ターゲット1回目)
 前回(【興味深い記事】選択と集中:老舗酒蔵)
 その他のバックナンバーはこちら


登録フォーム

インターネットからのお問合せ・ご相談はこちら



↑ PAGE TOP