日本システム開発株式会社<NSK>は、旅行会社の業務改善、売上アップの提案が得意なシステム会社です。 貴社に最適で無理のないご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

開発、「価格」から「価値」へ=顧客目線で需要発掘= ~8/27 日経新聞の記事より~

  ■  
―■■■N┃S┃K┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃――――― No.0068
  ■ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
『 旅行会社のためのITなんでも救急箱 』2013.08.29

                    日本システム開発(NSK)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開発、「価格」から「価値」へ=顧客目線で需要発掘=
~8/27 日経新聞の記事より~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。NSK営業担当の山田です。

日経新聞の流通業に関する興味深い記事がありましたので、ご紹介します。

デフレ時代に市場が急拡大した小売のプライベートブランド(PB=自主企画)。
安さが代名詞だったPBが今、変わりつつあるようです。

「金の食パンはどこですか?」
最近、セブン&アイ・ホールディングス傘下のコンビニエンスストアや
スーパーでは来店客からこんな問い掛けが増えている。

4月に導入したPB「セブンゴールド金の食パン」価格は6枚入り250円。
メーカー品の売れ筋トップである敷島製パンの「超熟」よりも6割高い。
それでもセブンイレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂での売れ行きは計画比5割増し。

セブンイレブンでの販売量は超熟の2倍に達している。

購入客のうち、ヨーカ堂では25%、セブンイレブンでは
実に80%がそれぞれの店舗で過去に「一度でも食パンを買ったことが無い」という。

消費者から広く指名買いされる「金の食パン」は売れ筋のメーカー品の
「二番煎じ」と言う印象が強かったPBの変化を象徴。
「消費者の節約志向は根強い。ただし今までにない価値のある商品であれば高くても買う」
「金の食パン」のヒットを受け、セブンイレブンでは食パンの販売単価が2割上昇。
ヨーカ堂でも1割上がった。

価格から価値へと舵を切ったPBは「脱デフレ」への一つの可能性を示す。

スーパーとコンビニの国内市場の合計は12年度で約27兆円。
イオンはスーパー市場で約3割、セブン&アイもコンビニ市場で約4割のシェアを握る。
「小売の寡占化が進むなか、シェアの拡大には消費者をより満足させる幅広い品揃えが不可欠」
規模を生かした交渉力で両者はPB開発のアクセルを踏み込む。

「PBの価値を競う今、改めて問われるのは商品の企画開発力」
新しい価値を提供するPB開発をどれだけ徹底できるかが勝負を分ける。

旅行業界ではどうでしょうか?

”うちにしかできない旅”を提供されている専門性の高い旅行会社様も多い
とは思いますが、中には、”仕入れたユニットに利益をいくら乗せようか?”という
僅かの価格差で他社との差別化をしようとしている旅行会社様も少なくないでしょう。

価値ある商品が顧客に指示されるというのはどの業界も共通です。
「食パン」という身近な商材にも、価格競争やデフレから脱却するヒントがあるように思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

前回までのバックナンバーはこちら
http://www.nsk.co.jp/solution/mail/index.html#back

━━━━━━+ 編集後記 +━━━━━━

こんにちは。NSKマーケティング担当の柳沼です。

朝晩は少し涼しさが感じられ、私の住む郊外の住宅街では
虫の音が聞こえるようになってきました。

まだまだ夏を満喫しきれていない気分ですが、もう夏休みも終わりますね。
(↑こういう気分の人を、今度は秋の旅行に取り込んでいきたいですよね...)

さて、2点お知らせです。

前回もお知らせ致しましたが、

●タビズム ( http://www.tabism.jp/ )

「ガイドブックだけではわからないプロがススメる過ごし方」で
9月下旬よりクリスマスの特集として
「今年こそ行きたい。ヨーロッパで過ごす極上のクリスマス」を
実施いたします。

前回ご案内をさせていただいた際に少し早すぎるのでは?
というご意見をいただきましたため、
申込〆切を9/13(金)まで延長させていただきます!
掲載は無料です。

是非、奮ってご参加くださいませ。

http://www.tabism.jp/mania
/christmas2013.pdf

●旅博2013に出展いたします。

私共、NSKも9/12の商談会への参加と9/13業界日のブース出展を
させていただきます。

ブースでは、「タビズムに登録」または「アンケートに回答」で
タビズムノベルティグッズをプレゼント!

是非、旅博にお越しの際には弊社ブースにもお気軽にお立ち寄りください!

                          (柳沼)
━━━━━━━━━━━━━━━━━


 前回(旅行会社のソーシャルメディア活用
~Facebookの目的別 利用方法のご紹介~ 
)
 その他のバックナンバーはこちら


登録フォーム

インターネットからのお問合せ・ご相談はこちら



↑ PAGE TOP