日本システム開発株式会社<NSK>は、旅行会社の業務改善、売上アップの提案が得意なシステム会社です。 貴社に最適で無理のないご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

活かせる強みと見直す弱み  ~SWOT分析について~

  ■  
―■■■N┃S┃K┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃――――― No.0122
  ■ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
『 旅行会社のためのITなんでも救急箱 』2017.3.9

                    日本システム開発(NSK)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
活かせる強みと見直す弱み  ~SWOT分析について~━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
日本システム開発<NSK>の藤原です。

NSKは一昨年まで京王よみうりランド駅の近くに社屋がありました。
よみうりランド駅といえば、遊園地「よみうりランド」を思い浮かべるのではないでしょうか。

今回は遊園地「よみうりランド」に焦点をあててみたいと思います。

私は地元なので、子供の頃から「身近な遊園地」でした。
とはいえ、ある程度大人になると行動範囲も広がり
「あえてよみうりランドに行く理由」がなくなってしまったのです。

関係者の方が読んでいたら申し訳ありませんが、
学生時代の頃、一度平日に行きましたが、閑散としており「大丈夫かなぁ・・」と感じたものでした。

ところが・・・ご存知の方も多いと思いますが
2010年冬より始まった「ジュエルミネーション」というイベントをきっかけに
今や一躍有名スポットとして紹介されるようになりました。

実は自分も2009年の夜間営業時から毎年訪れていますが、徐々に規模が大きくなり、
今ではその時期は道路には車の渋滞、駅には人があふれるという大賑わいになりました。
正直地元民からすると信じられない現象です。

2016年11月9日の日経新聞記事を紹介したいと思います。
------------------------------------------

「よみランド、純利益54%増 17年3月期」

よみうりランドは9日、2017年3月期の連結純利益が前期比54%増の30億円になりそうだと発表した。
従来予想を5億円上回る。3月に遊園地内に設けた新アトラクション「グッジョバ!!」の効果で
入園者数が増えた。3月に閉鎖した船橋オートレース場の土地明け渡しなどで特別利益が発生したのも
純利益を押し上げる。売上高は9%増の204億円と従来予想を6億円引き上げた。
4~9月の入園者数は前年同期から18%増え、82万5000人となった。
グッジョバ!!の開業後は、顧客層が従来の若者中心から祖父母や孫世代などに広がっている。
開業に併せて入園料を値上げし、客単価も上昇した。
------------------------------------------

「特徴のない昔ながらの遊園地」という印象だったよみうりランド(失礼!)がなぜここまで成長したのか!?

色々と調べたら慶応大学「経済新人会」というサークルのテーマパークを対象とした資料が見つかりました。
そこでよみうりランドに対するSWOT分析が出てきますが、サークル資料とは別に私なりによみうりランドを SWOT分析してみました。

SWOT分析とは
強み(Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つのカテゴリーから要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略策定方法の一つです(wikipediaより)

<強み>・・・立地
都内近郊の遊園地は幾つかありますが、よみうりランドは新宿から30分
都心からでも気軽に行ける場所だと思います。

<弱み>・・・財務状況
財務状況が多少厳しかったと仮定して(すみません)
イルミネーションは最初は高額投資にならないレベルから始めることができたと思います。

<機会>・・・市場トレンド
メインターゲットは恐らく若いカップル層
イベントの多い冬場のニーズに併せて観覧車などターゲット向けの趣向が凝らされていました。
(その中、家族とはぐれ一人ぼっちでジェットコースターに乗りました・・・)

<脅威>・・・競合他社の行為
今は他の遊園地もイルミネーションや夜間営業で活性化しています。
ただ、よみうりランドは先駆けて始めて、その収益を新しいコンテンツ(グッジョバ)に繋げ、
更にその先の戦略に向けて動いています。

実際には営業時間の延長は人件費や光熱費に影響したはずですが
あえて入場料を安くすることで集客力を高め、飲食による売り上げ増や
遊園地本来の資源(アトラクション)の稼働率を高める効果に繋がったと考えられます。
そして、今や「ジュエルミネーション」はある種のブランドとして確立しました。

もう一つ、ジュエルミネーションでは夕方点灯時のパレードがありますが、
遊園地スタッフによる半分お手製のようなもので、
TDRのような大掛かりパレードとは比べるべくもありません。
それでも、年々レベルもあがり、来場者も楽しみにしています。
(以前はアシカも車でパレードしてました)

それを見て感じたのは、よみうりランドの強みは「ジュエルミネーション」という
コンテンツではなくそれを支え実現させたスタッフの熱意だったのではないかとも思いました。

と、よみうりランドの成長をテーマに書いてきましたが、
ここで皆さんの会社に置き換えてみたらどうでしょうか?

比類なき大手、競合他社、市場ニーズや環境の変化・・・・
様々な要因により経営戦略の見直しは常に求められるものです。
自社をSWOT分析してみて下さい。何があるのか?何が足りないのか?
それを再認識することで、この先の皆様の会社の気づきに繋がれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 


前回までのバックナンバーはこちら
http://www.nsk.co.jp/solution/mail/index.html#back

━━━━━━━━━━━━+ 編集後記 +━━━━━━━━━━━━━

NSKの田村です。

今回、よみうりランドの「ジュエルミネーション」の話でしたが、
私はその時期訪れたことがありません。
この時期のよみうりランド駅は、ホームにイルミネーションを飾っているので
それだけで満足してしまっています。
また、若いカップル層をみると羨ましくなってしまうのもありますが、
とにかく寒いのが苦手なので、避けたい・・・(笑)

なので、私は夏の時期にほぼ毎週土曜によみうりランドを訪れています。
目的は、乗り物ではなくプールです。
子供から大人まで楽しめるので、必ずシーズンパスを購入しています。
子供が営業時間ぎりぎりまでいたいと思えるほど、イベントも充実
しているので親にとってはありがたい場所です。

私が思うには、冬だけではなく夏のイベントも力をいれているので、
スタッフの頑張りが感じられるテーマパークですね。

さて、本メルマガの担当が次回より変わります。
ここ1年程、本メルマガの編集後記を書かせていただきました。
いつもメルマガをお読みいただきました皆様誠にありがとうございました。

引き続き、本メルマガをよろしくお願い申し上げます!

 

以上


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



登録フォーム

インターネットからのお問合せ・ご相談はこちら



↑ PAGE TOP